ランジェリー

メンズランジェリーの洗濯方法

着心地のいい下着ほど、パッと見ではわからないほどの精巧さで仕立てられているものです。 繊細なつくりの下着を毎日身に着けていれば、当然のことながら生地にダメージがおよびます。 その上、下着だからとぞんざいな扱いで洗濯したら、なお

着心地のいい下着ほど、パッと見ではわからないほどの精巧さで仕立てられているものです。
繊細なつくりの下着を毎日身に着けていれば、当然のことながら生地にダメージがおよびます。
その上、下着だからとぞんざいな扱いで洗濯したら、なおのこと寿命が縮んでしまいます。
こだわって選んだメンズランジェリーは、正しい洗濯の仕方でお手入れしましょう。
使用しているメンズランジェリーのタグには、どんな洗濯方法の指示がありますか?
手洗いオンリー、洗濯ネットで洗濯機OKなどの表示が出ているはずです。
間違ってもしないでおきたいことは、他の洗濯物といっしょくたに洗濯槽に入れてしまうことです。
洗濯ネットに入れれば、他の洗濯物と一緒でも繊維同士が絡みにくくなります。
洗剤には、中性洗剤がおすすめです。
それも、洗剤の原液にそのまま下着を浸けず、まず水で洗剤を薄めてから使うようにしてください。
原液をそのまま使うと、大事なメンズランジェリーが変色してしまう可能性があります。
洗い終わったら、風通しのいい場所に陰干ししましょう。
直射日光にあててしまうと、色落ちしたり布地が傷む原因となります。
干すときには、形を整えるようにしておくと型崩れを防げます。
型崩れしないようにするには、乾いてからたたんでしまうときにもふんわりさせておくのが秘訣です。
女性用の下着にも有効な方法ですから、試してみてください。

男性の勝負下着

女性の間では、いざというときのためのランジェリーを勝負下着といっています。 せっかくお洒落な服装をしているのに、下着が残念では彼に引かれてしまいそうです。 ランジェリーでも魅力をアピールしたい!というときに使うのが、勝負下着な

女性の間では、いざというときのためのランジェリーを勝負下着といっています。
せっかくお洒落な服装をしているのに、下着が残念では彼に引かれてしまいそうです。
ランジェリーでも魅力をアピールしたい!というときに使うのが、勝負下着なのです。
この勝負下着という習慣、最近男性の間にも浸透してきているようなのです。
実は、男性が女性の下着をチェックするのと同じように、女性も男性の下着に注目しています。
ステキな人だけど、下着にはげんなりと感じている女性も多いのですよ。
アウターもインナーも決まってる!と熱い視線を受けるためにも、メンズランジェリーで勝負下着を用意してみませんか?
このとき、自分の好みだけで選ぶのはどうでしょうか。
勝負下着の目的は、人目につくことです。
いかに自分の魅力をランジェリーで発揮するかがポイントなので、人の好みを意識しなければ意味がありません。
女性に引かれてしまうようなランジェリーはもちろんのこと、旅行などで同性から見られてどうかと思われるようなランジェリーでもマイナスですよね。
最近の女性の好みを大まかに研究したり、彼女の意見をさりげなく取り入れてみたりするのも好感を呼ぶものです。
自分の好みもその中に取り入れていけば、満足のいくメンズランジェリー選びができるでしょう。

浴衣のときのメンズランジェリー

着物を着て街を歩く人が増え、夏場には浴衣デートをしているカップルもたくさん見られるようになりました。 女性の場合、着物のときには昔は下着を着けないのが当たり前とされてきました。 下着のラインが出てしまうのを防ぐためでもあり、着

着物を着て街を歩く人が増え、夏場には浴衣デートをしているカップルもたくさん見られるようになりました。
女性の場合、着物のときには昔は下着を着けないのが当たり前とされてきました。
下着のラインが出てしまうのを防ぐためでもあり、着物を着慣れた女性の中には現代でも気をつけているといいます。
女性用では、着物を着たときに身につける専用の下着も販売されています。
しかし、男性が浴衣を着たときにはどうするのか気になりませんか?
特にメンズランジェリーにこだわり始めた男性にとって、おさえておきたいポイントです。
メンズランジェリーには、様々なデザインがあります。
体にフィットするタイプもあれば、浴衣の下では明らかにもたついてしまいそうなトランクスもあります。
大切なのは、浴衣を着たときに下着のラインが出てしまわないことです。
どんなにおしゃれに浴衣を着こなしていても、下着の線が見えてしまっては興ざめです。
夏場に着る浴衣は汗が心配なため、汗をしっかり吸収してくれるメンズランジェリーであることも必須です。
浴衣の着崩れを防ぐことも考えると、一番最適な下着はステテコです。
親父くさいと思うかもしれませんが、これがなかなか快適なのです。
さらっとした生地の質で汗の吸収率も高く、何より浴衣にマッチします。
近頃ブームがきているステテコ、若い人向けにおしゃれなデザインも登場していますよ。

メンズランジェリーで勝負下着

男性は脱いでしまえばこっちのものと思うかもしれませんが、意外にも女性は冷静な目で着ているもののチェックをしています。 特に気をつけたいのが、下着です。 女性にしてみれば、トランクス派かブリーフ派かというだけでも大きな問題です。

男性は脱いでしまえばこっちのものと思うかもしれませんが、意外にも女性は冷静な目で着ているもののチェックをしています。
特に気をつけたいのが、下着です。
女性にしてみれば、トランクス派かブリーフ派かというだけでも大きな問題です。
素敵な人だと思っていたのに、ボクサーパンツ派の自分にはがっかりのトランクス派な彼だったとマイナスポイントをつけている女性も多いのです。
女性が好む下着の趣向は、あなどれないものです。
女性が好むメンズランジェリーは、男性らしさを程よくアピールしながらもきわどくないものです。
ビキニパンツのようなスタイルは、仲良くなってからは許してもらえるかもしれなくても、最初からでは引かれてしまいがちです。
もちろん女性の好みにもよりますが、相手の好みを無視した勝負下着選びは逆効果になることもあるのを覚えておきましょう。
一般的に人気のある勝負下着は、黒やグレー、紺などの男性的なカラーがおすすめです。
何の工夫もなさそうに見えて、それをいかにはきこなしているかがポイントなのです。
勝負下着を勝負のときだけ着けても、浮いて見えてしまうことがあります。
履き古したランジェリーでは逃げられてしまいそうですが、勝負のときようの練習用として普段から履いておくのも役に立ちますよ。

トランクスタイプのメンズランジェリー

男性用の下着といったら、トランクス派かブリーフ派に大別されるといっていいほど、トランクスは代表的なメンズランジェリーです。 女性にとっても、彼氏や夫の下着がトランクスかブリーフかで一喜一憂したりすることがありますよね。 ブ

男性用の下着といったら、トランクス派かブリーフ派に大別されるといっていいほど、トランクスは代表的なメンズランジェリーです。
女性にとっても、彼氏や夫の下着がトランクスかブリーフかで一喜一憂したりすることがありますよね。
ブリーフに比べるとゆとりのある作りになっているトランクスは、股関節や股間部分の締め付けがありません。
リラックスした状態で下着を着けていられるのが、メリットではないでしょうか。
通気もよくなるため、ムレの心配もありません。
ブリーフよりも、デザインやカラーバリエーションが豊富なのも楽しいですね。
ブリーフよりファッショナブルというイメージを持っている人も、多いでしょう。
一方で、布地にゆとりがあることがデメリットにつながってしまう場合もあります。
パンツの下でまくれあがってしまったり、うっかり露出してしまったりといった心配もあるかもしれません。
パンツを履いたときに布地がもたもたして、腰まわりがメタボっぽく見えてしまうのがデメリットです。
とはいえ、トランクスは体のラインをハッキリ見せなくて済む点も大きな魅力の一つです。
最新のメンズランジェリーの中には、従来の形のトランクスよりもスッキリした印象に仕上げているものもあります。
これまでのトランクスのメリットは残しながらも、問題をクリアしていけるようなトランクスが見つかるかもしれませんよ。

おすすめはボクサーパンツ

ボクサーパンツは元々はメンズランジェリーでしたが、最近では女性用も登場して人気を得ています。 デザインはトランクスとブリーフの中間的存在で、どちらの良さも備えています。 ブリーフのような肌触りの良い素材と身体を程よく包むサポー

ボクサーパンツは元々はメンズランジェリーでしたが、最近では女性用も登場して人気を得ています。
デザインはトランクスとブリーフの中間的存在で、どちらの良さも備えています。
ブリーフのような肌触りの良い素材と身体を程よく包むサポート感、生地の伸びもよくフィット性があるのが特徴です。
パンツを履いたときにも、ボクサーパンツなら生地がもたつくことがありません。
どちらかというとブリーフ寄りのメリットが多いように思えるボクサーパンツですが、デザイン面ではトラックスのメリットを多く備えています。
トランクス並みのセンスのいいデザインがたくさん出ているのが、ボクサーパンツの特徴なのです。
ボクサーパンツならではのデザインとして、ウエスト部のゴムに施してある商品もあるくらいです。
これぞ、メンズランジェリーのおしゃれのしどころではないでしょうか。
昔からあったかのようなボクサーパンツですが、実はその歴史はまだまだ浅いのです。
登場したのが1990年代初頭、カルバン・クラインがデザインしたのが初めで、その後2000年代に入って一般的に普及しました。
すでに小学生まで着用するほどの普及率を誇り、幅広い世代に定着しているのは履き心地がいいからでしょう。
メンズランジェリーにこだわるなら、目を向けてみたい種類ですね。

こだわりのメンズランジェリー

少し前までは、男性が下着に凝るなんて、大っぴらに公言できるような時代ではありませんでした。 男性も、せいぜいトランクスのデザインで遊ぶ程度が限度だったのではないでしょうか。 トランクスかブリーフかという選択肢くらいしかなかった

少し前までは、男性が下着に凝るなんて、大っぴらに公言できるような時代ではありませんでした。
男性も、せいぜいトランクスのデザインで遊ぶ程度が限度だったのではないでしょうか。
トランクスかブリーフかという選択肢くらいしかなかった男性用下着の世界も、メンズランジェリーと呼ばれるほどに種類が豊富になりました。
見えないところにもこだわりを持つようになった男性は、細かな面までファッショナブルになってくるはずです。
メンズランジェリーを選ぶときには、デザイン性だけでなく機能性や耐久性にも目を向ける必要があります。
心地よさという快適性も、重要な要素ですね。
あくまでも下着ですから、これらの点が欠けているようでは、いずれは不満が出てきます。
直に肌に触れるアイテムであることを忘れずに、ベストな下着を選ぶようにしましょう。
最適なメンズランジェリーを選び抜くためには、下着の種類の特徴をそれぞれ把握しておくことも重要です。
トランクスにしろブリーフにしろボクサーパンツにしろ、各々の役目や持ち味があります。
個性を知れば、それを活かすことができるのは下着にもいえることです。
ただ見た目のよさだけで選んでいるだけでは、まだまだメンズランジェリーへのこだわりは十分とはいえないのではないでしょうか。

ブリーフタイプのメンズランジェリー

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。 思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。 まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。
思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。
まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。
自意識が芽生えてくると、男の子も次第にトランクス派に変わる子が増えてきます。
そのままブリーフ派を通す子もいれば、今ならボクサーパンツ派になる子もいます。
少し前までは、ブリーフといえば純白しかありませんでした。
身体にフィットしているので、見た目には股間部分もハッキリ出てしまいます。
人目が気になるという点と、通気性がいまいちという点がデメリットと感じる人もいるかもしれません。
しかし、パンツを履いたときのスッキリしたシルエットは、トランクスとは比較にならないと重宝している人もいるはずです。
今では、フィット感についてはボクサーパンツも捨てがたい存在になってきています。
ただ、デザイン的にはボクサーパンツとブリーフでは大きな違いがあり、昔ながらのスタイルに愛着を感じる人も少なくないでしょう。
メンズランジェリーの中でも古株のブリーフが未だなくならないのは、デメリットよりもメリットが大きいからのはず。
まだまだブリーフの魅力には、知られていない部分がありそうですよ。

メンズランジェリーの機能

メンズランジェリーという響きがいくら豊かなファッション性を意識させても、下着としての役割を果たさなければ意味がありません。 機能の本質を欠いていては、メンズランジェリー失格なのです。 その機能として必要とされるのは、どんなこと

メンズランジェリーという響きがいくら豊かなファッション性を意識させても、下着としての役割を果たさなければ意味がありません。
機能の本質を欠いていては、メンズランジェリー失格なのです。
その機能として必要とされるのは、どんなことなのでしょうか。
まずは、吸水性の重要さを挙げておきましょう。
身体からは、ハッキリ気づかないときでも汗や皮脂が分泌されます。
汗や皮脂がついた下着をそのままにしておけば、変色したり嫌なにおいを発するようになります。
だから下着は洗濯をするのですが、もしも下着を着けずにいたら身体についていた汚れかもしれないのです。
汚れや臭いから身体を守ってくれる役割があることを、忘れないようにしましょう。
汗が出た後に吹かなければ体が冷えてきますが、これを防いでくれるのも下着の役割です。
もう一つ大きな役割は、見た目のスタイルを左右するという点です。
現在ではレディースランジェリーのほうがシルエット面で優位に立っていますが、メンズランジェリーも負けてはいません。
メンズランジェリーにこだわる男性が増えてきたことから、ファッションの一部としての下着の役割も重要視されてきそうです。
男性でも女性でも、気に入ったもの、おしゃれだと感じられるものを身につけていると自然と自信がついてきます。
リラックスできて、堂々としたふるまいになれるのも、メンズランジェリーにこだわりを持ったおかげなのです。

カルバンクラインが発表したメンズランジェリー

ブリーフとトランクスに新顔として加わったメンズランジェリーが、ボクサーパンツです。 今では一般的な名称として親しまれているボクサーパンツは、実はカルバン・クラインがデザインして発表したメンズランジェリーです。 1990年代初頭

ブリーフとトランクスに新顔として加わったメンズランジェリーが、ボクサーパンツです。
今では一般的な名称として親しまれているボクサーパンツは、実はカルバン・クラインがデザインして発表したメンズランジェリーです。
1990年代初頭でしたから、まだ男性用の下着としての歴史は始まったばかりともいえます。
今ではいろいろなメーカーやブランドから出ているボクサーパンツですが、元祖はカルバン・クラインだったと思うとオシャレだなという気がしませんか?
長らくブリーフかトランクスしかなかったメンズランジェリーの世界にボクサーパンツが登場したときは、大きな話題となりました。
メンズランジェリーという言葉が広まったのも、この頃からかもしれません。
ボクサーパンツというと、未だにカルバン・クラインのデザインを思い浮かべる人も少なくないでしょう。
ゴムの部分にプリントされたブランドロゴには厭味がなく、見えるようにパンツを履くファッションも流行しました。
カルバン・クラインでは、今も同じデザインを定番として残しています。
機能性も進化し続けていますから、一度は利用してみてはいかがでしょうか。
メンズランジェリーに目を向け始めたら、カルバン・クラインのボクサーパンツから試してみるのもいいかもしれませんよ。

« 過去の記事