メリット

トランクスタイプのメンズランジェリー

男性用の下着といったら、トランクス派かブリーフ派に大別されるといっていいほど、トランクスは代表的なメンズランジェリーです。 女性にとっても、彼氏や夫の下着がトランクスかブリーフかで一喜一憂したりすることがありますよね。 ブ

男性用の下着といったら、トランクス派かブリーフ派に大別されるといっていいほど、トランクスは代表的なメンズランジェリーです。
女性にとっても、彼氏や夫の下着がトランクスかブリーフかで一喜一憂したりすることがありますよね。
ブリーフに比べるとゆとりのある作りになっているトランクスは、股関節や股間部分の締め付けがありません。
リラックスした状態で下着を着けていられるのが、メリットではないでしょうか。
通気もよくなるため、ムレの心配もありません。
ブリーフよりも、デザインやカラーバリエーションが豊富なのも楽しいですね。
ブリーフよりファッショナブルというイメージを持っている人も、多いでしょう。
一方で、布地にゆとりがあることがデメリットにつながってしまう場合もあります。
パンツの下でまくれあがってしまったり、うっかり露出してしまったりといった心配もあるかもしれません。
パンツを履いたときに布地がもたもたして、腰まわりがメタボっぽく見えてしまうのがデメリットです。
とはいえ、トランクスは体のラインをハッキリ見せなくて済む点も大きな魅力の一つです。
最新のメンズランジェリーの中には、従来の形のトランクスよりもスッキリした印象に仕上げているものもあります。
これまでのトランクスのメリットは残しながらも、問題をクリアしていけるようなトランクスが見つかるかもしれませんよ。

ブリーフタイプのメンズランジェリー

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。 思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。 まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。
思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。
まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。
自意識が芽生えてくると、男の子も次第にトランクス派に変わる子が増えてきます。
そのままブリーフ派を通す子もいれば、今ならボクサーパンツ派になる子もいます。
少し前までは、ブリーフといえば純白しかありませんでした。
身体にフィットしているので、見た目には股間部分もハッキリ出てしまいます。
人目が気になるという点と、通気性がいまいちという点がデメリットと感じる人もいるかもしれません。
しかし、パンツを履いたときのスッキリしたシルエットは、トランクスとは比較にならないと重宝している人もいるはずです。
今では、フィット感についてはボクサーパンツも捨てがたい存在になってきています。
ただ、デザイン的にはボクサーパンツとブリーフでは大きな違いがあり、昔ながらのスタイルに愛着を感じる人も少なくないでしょう。
メンズランジェリーの中でも古株のブリーフが未だなくならないのは、デメリットよりもメリットが大きいからのはず。
まだまだブリーフの魅力には、知られていない部分がありそうですよ。

ふんどし着用の長所

今、ランジェリー業界では、ふんどしが熱いのをご存知ですか? ふんどしというと白のイメージがありますが、流行のふんどしは柄も素材もバリエーションがあるようです。 このブーム、男女ともに沸いていて、ふんどしが男女兼用であることから

今、ランジェリー業界では、ふんどしが熱いのをご存知ですか?
ふんどしというと白のイメージがありますが、流行のふんどしは柄も素材もバリエーションがあるようです。
このブーム、男女ともに沸いていて、ふんどしが男女兼用であることからも売上がぐんぐん伸びているといいます。
でも、ふんどしを着けるメリットって、どんなところにあるのか気になりませんか?
ふんどしの第一の長所は、通気性がいいということです。
また、化学繊維のランジェリーに比べると、肌触りの良さは格別です。
というのも、ふんどしに使われている素材は、麻・木綿・シルクなどの天然系が多いからです。
アレルギーが心配な方などにも、嬉しい素材ではないでしょうか。
自分で締め具合を調節できるふんどしは、股関節やそけい部をやさしく包んでくれるのもメリットです。
血行が妨げられる心配がなく、下着の跡がつきにくいのも嬉しいですね。
リラックスして時間を過ごせるので、ストレスもたまらないのはいいものです。
健康にも美容にも役立つのがふんどしの良さ、こんなランジェリーは今までなかなか出てこなかったので、ふんどしが見直されてきているのです。
長年昔の日本人が愛用してきた下着であるふんどしをためしてみることで、伝統的なものを思う時間も持てそうですね。