ブリーフ

おすすめはボクサーパンツ

ボクサーパンツは元々はメンズランジェリーでしたが、最近では女性用も登場して人気を得ています。 デザインはトランクスとブリーフの中間的存在で、どちらの良さも備えています。 ブリーフのような肌触りの良い素材と身体を程よく包むサポー

ボクサーパンツは元々はメンズランジェリーでしたが、最近では女性用も登場して人気を得ています。
デザインはトランクスとブリーフの中間的存在で、どちらの良さも備えています。
ブリーフのような肌触りの良い素材と身体を程よく包むサポート感、生地の伸びもよくフィット性があるのが特徴です。
パンツを履いたときにも、ボクサーパンツなら生地がもたつくことがありません。
どちらかというとブリーフ寄りのメリットが多いように思えるボクサーパンツですが、デザイン面ではトラックスのメリットを多く備えています。
トランクス並みのセンスのいいデザインがたくさん出ているのが、ボクサーパンツの特徴なのです。
ボクサーパンツならではのデザインとして、ウエスト部のゴムに施してある商品もあるくらいです。
これぞ、メンズランジェリーのおしゃれのしどころではないでしょうか。
昔からあったかのようなボクサーパンツですが、実はその歴史はまだまだ浅いのです。
登場したのが1990年代初頭、カルバン・クラインがデザインしたのが初めで、その後2000年代に入って一般的に普及しました。
すでに小学生まで着用するほどの普及率を誇り、幅広い世代に定着しているのは履き心地がいいからでしょう。
メンズランジェリーにこだわるなら、目を向けてみたい種類ですね。

ブリーフタイプのメンズランジェリー

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。 思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。 まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。

日本男児はブリーフ!というような考えの男性も、います。
思春期を迎えるまでの男児に、圧倒的にブリーフ派が多いのがその証拠です。
まだ親が下着を選ぶ年代の子どもに、自然に「男はブリーフ」というイメージが根付いていくのでしょう。
自意識が芽生えてくると、男の子も次第にトランクス派に変わる子が増えてきます。
そのままブリーフ派を通す子もいれば、今ならボクサーパンツ派になる子もいます。
少し前までは、ブリーフといえば純白しかありませんでした。
身体にフィットしているので、見た目には股間部分もハッキリ出てしまいます。
人目が気になるという点と、通気性がいまいちという点がデメリットと感じる人もいるかもしれません。
しかし、パンツを履いたときのスッキリしたシルエットは、トランクスとは比較にならないと重宝している人もいるはずです。
今では、フィット感についてはボクサーパンツも捨てがたい存在になってきています。
ただ、デザイン的にはボクサーパンツとブリーフでは大きな違いがあり、昔ながらのスタイルに愛着を感じる人も少なくないでしょう。
メンズランジェリーの中でも古株のブリーフが未だなくならないのは、デメリットよりもメリットが大きいからのはず。
まだまだブリーフの魅力には、知られていない部分がありそうですよ。

ブリーフの問題点

子どもの頃にはブリーフで育ったという男性は、多いのではないでしょうか。 でも、大人になってから、あるいはもっと若い思春期に入った頃に履くのをやめてしまったという男性も多いかもしれません。 ほとんどの場合は、見た目にトランクスや

子どもの頃にはブリーフで育ったという男性は、多いのではないでしょうか。
でも、大人になってから、あるいはもっと若い思春期に入った頃に履くのをやめてしまったという男性も多いかもしれません。
ほとんどの場合は、見た目にトランクスやビキニタイプ、ボクサーパンツがいいと感じたからでしょう。
しかし、もっと実用的な面で、ブリーフには問題点がありそうなのです。
下着を着けない健康法すらあるように、ランジェリーのゴムは身体を締め付けてしまいます。
特に顕著なのが女性用のランジェリーで、しっかりと身体にフィットするように出来ていることが、反面デメリットになっています。
身体を締め付けるゴムは、血行を阻害する可能性があります。
これが冷え性やむくみにつながり、痕がついてしまうのを嫌がる人もいます。
メンズランジェリーのブリーフも、身体にフィットする程度は女性用ランジェリーに匹敵します。
中には、強い締め付けによって体型に影響したり、筋力が低下する人もいるようです。
メンズランジェリーがブームになり、メリットはさらに強化され、デメリットには改善が加えられています。
とはいえ、購入時にはデメリットへのチェックを怠りなくしたいものです。