ゴム

ブリーフの問題点

子どもの頃にはブリーフで育ったという男性は、多いのではないでしょうか。 でも、大人になってから、あるいはもっと若い思春期に入った頃に履くのをやめてしまったという男性も多いかもしれません。 ほとんどの場合は、見た目にトランクスや

子どもの頃にはブリーフで育ったという男性は、多いのではないでしょうか。
でも、大人になってから、あるいはもっと若い思春期に入った頃に履くのをやめてしまったという男性も多いかもしれません。
ほとんどの場合は、見た目にトランクスやビキニタイプ、ボクサーパンツがいいと感じたからでしょう。
しかし、もっと実用的な面で、ブリーフには問題点がありそうなのです。
下着を着けない健康法すらあるように、ランジェリーのゴムは身体を締め付けてしまいます。
特に顕著なのが女性用のランジェリーで、しっかりと身体にフィットするように出来ていることが、反面デメリットになっています。
身体を締め付けるゴムは、血行を阻害する可能性があります。
これが冷え性やむくみにつながり、痕がついてしまうのを嫌がる人もいます。
メンズランジェリーのブリーフも、身体にフィットする程度は女性用ランジェリーに匹敵します。
中には、強い締め付けによって体型に影響したり、筋力が低下する人もいるようです。
メンズランジェリーがブームになり、メリットはさらに強化され、デメリットには改善が加えられています。
とはいえ、購入時にはデメリットへのチェックを怠りなくしたいものです。