アーブラとジニエブラの違い

ブラジャーをしている多くの女性はブラジャーによる締め付けが気になったり、ワイヤーがあたって痛かったりする経験をしていると思います。
実際、口コミでもワイヤー入りのブラジャーをしていて肌にワイヤーの部分がこすれてしまって痛いからノンワイヤーのブラジャーを探していたところアーブラにであったというような口コミがよく見られます。
ノンワイヤーで、肌に優しくて、夜寝るときにもしやすいようにホックなどの金属を使っていなくて、つけていてラクなブラジャーを探してアーブラに行きつくようです。
しかし口コミではもう1つ「ジニエブラ」というブラジャーも出てきます。
どちらにしようか悩んだという人が結構みられます。

アーブラ、ジニエブラ、どちらも締め付けなくてラクに着けられるブラジャー、編み方を工夫した生地を使っていて、ノンワイヤー、ホックなども使っていないというところは同じです。
さらに脇などのお肉を寄せてあげるため、バストアップ効果とか、体のサイドの贅肉がはみ出さないなどの効果も同じでした。
デザインも似たようなデザインで、バストを圧迫しないように工夫された作りとなっています。

アーブラとジニエブラ、どのような違いがあるのでしょうか。
補正力に関してはアーブラの方が高いかもしれません。
アーブラは背中の方からお肉をぐっとバスト側へもってきて入れるためバストアップ効果、バストの垂れ予防効果がある気がします。
これに対してジニエブラはここまでの補正力はなくナイトブラとしてあるいはおうちでゆったりと過ごすときにラクに着けられるといった感じのブラジャーだと思います。

カラーバリエーションに関しては少し違いがあります。
アーブラはブラックとかベージュ、ピンク、ホワイトなどおとなしめのカラーが揃っています。
これに対して、ジニエブラはブラック、ベージュ、ホワイトなどの他にも水色やピンク、黄色などパステル系のかわいらしい色の商品があります。
見た目のかわいらしさはジニエブラの方が上だと思います。

アーブラには胸元にレースの付いたかわいらしいデザインの商品があります。
これに対してジニエブラにも全体をレース仕上げにした大人っぽいデザインのものから、ボーダー柄やドット柄のもの、パイル生地のものなどがあります。

ちなみにジニエブラの価格は公式通販サイトで、1枚3,278円(税込)、送料660円となっています。
可能ならば実際に両方の商品を試着して自分の肌、胸元に合うものを選びたいものです。